ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

山崎製パンがヴィーガンパン発売!日本最大の製パン企業が挑むヴィーガンのバーガーと菓子パン

11.57K 0

どこのスーパー、コンビニ、量販店でも見かける「ヤマザキ」のパンを製造・販売する日本最大、世界第二位の製パン企業、

山崎製パン株式会社

7月1日にヴィーガンパンを発売!

*まずは一部の店舗にて。販売店は記事下部をご覧くさい。

種類は、

ベジバーガー2種

トマトソースとテリヤキソース、どちらもパティは大豆が主原料のソイパティ

ヴィーガンロール2種

いちごジャム&マーガリンとチョコクリームのサンド

通常のパンは卵や乳製品が使われ、さらに普通のパティはビーフ、ポーク、チキンなど動物の肉類から作られます。しかし、今回発売のパンたちは、肉、魚介、卵、乳製品、はちみつ等、全ての動物に由来する原料が不使用という「ヴィーガン」使用です。

NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証も取得し、ヴィーガンマークが商品に表示されています。

ヴィーガンは味気ない、質素、不味い、と思っている方にこそ食べて頂きたい、このベジバーガー。

それぞれトマトソースとテリヤキソースの他に、特製のマヨネーズも入っていて、味にパンチが効いています。もちろん、そのマヨネーズも動物原料不使用で作られたヴィーガンマヨ。ジャンクフードの代名詞でもあるハンバーガーが、ジャンクさは変えずにヴィーガンで仕上がっています。

1種類でも食べごたえあり、2種類食べると結構お腹にたまります。

パッケージも可愛らしいヴィーガンロール2種。

ヴィーガンのパンは固そうと思っている方、その期待は裏切られます。

フワフワの柔らかなロールパンに、イチゴジャムとマーガリンが絶妙なコンビネーションで、チョコレートの方はチョコレートクリーム単体で、たっぷり入っています。

普通にスーパー等で売ってあるパンは基本何かしらの動物性原料が入っているため、ヴィーガンたちはなかなかパンも食べることができません。

そのため、今回の山崎製パンさんのヴィーガン商品リリースには、たくさんのヴィーガンの方々が喜ばれるのではないでしょうか。

また、最近はSDGsが叫ばれている中、地球環境のため、動物のためにも、動物性食品の消費を減らしたいと考える人も増えています。今回のヴィーガンパンたちは、そんな方々の後押しにもなるはず。

実際、一足先に試食をしたベジプロジェクトのヴィーガンチームでは、とても好評でした。

 ヴィーガンパン発売に尽力された山崎製パンさんのご担当者の方とベジプロジェクトのメンバー

今回のヴィーガンパンたち、まずは東京・千葉・埼玉・長野の一部の小売店・量販店・コンビニでの発売です。反響次第では取扱い店が増える可能性があるため、ぜひヴィーガンパンの発売を応援して、たくさんの方の力で盛上げていけると良いのではと思います。

販売価格は税別、ベジバーガーが160円、ヴィーガンロールが110円と、ヴィーガンは高いと思っている方をまた驚かせるお手頃価格です。

初日の販売店の例:(敬称略)
・ヤオコー (浦和パルコ、浦安、高崎)
・いなげや (白金台店、飯田橋店、入谷店、他)
・ドンキホーテ (秋葉原店、後楽園店、長崎屋宇都宮店、他)
・スーパーヤマザキ (市川店、東久留米東口店)

☆埼玉県 (セキ薬品)
☆茨城県・千葉県 (タイヨー)
☆長野県 (ツルヤ)

等々の一部のお店。

*上記のお店でも売り切れになる場合があります。
*上記に記載のないお店でも販売している場合もあります。
*当件に限らず消費者が要望すれば扱いを始めてくれるお店もあります。

ヴィーガンという選択肢や理解は、日本では欧米に比べはるかに少ないのが現状。それでも、少しずつ変わってきていて、国内でもヴィーガン商品も関心をもつ方も増えています。

今回の山崎製パンのヴィーガンパンは
・パンチのある味付け
・ふわふわパン
・安い

これまでのヴィーガンに対するステレオタイプを覆す商品、ぜひたくさんの方に試して頂きたいです。

【会社情報】
山崎製パン株式会社
公式HP:https://www.yamazakipan.co.jp/