ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "長崎"

長崎

,

東京四ツ谷の長崎料理店『隠れ岩松』ヴィーガンランチに挑戦!

東京の四ツ谷駅から徒歩3分にある長崎料理店『隠れ若松』さんが、4月1日からランチを全てヴィーガンのランチを始められます。提供予定のメニューの試食会が、隠れ岩松を運営される株式会社みそ半(協力:NPO法人ベジプロジェクトジャパン、株式会社ファースト)により開催されました。四ツ谷にはまだヴィーガンのお店が少なく、大きな試みです。隠れ岩松さんにとって、初めてのヴィーガン対応。美味しさと満足度にとことんこだわりをもってヴィーガン料理を作られました。お店としてもNPO法人ベジプロジェクトジャパンからのヴィーガン認証 を取得する徹底ぶりです。 試食会は、コロナウイルスで大変な時期のため当初予定していた人数よりも小規模ながら、ヴィーガンのライターやインフルエンサー他、ヴィーガンに関連する皆さんが集まり和気藹々と楽しくランチを頂きました。今回はその様子とお料理を皆さんにご紹介します! 持ち帰り対応、限られたスタッフでの対応のため、食器類は一見普通の使い捨て容器に見えますが、地球環境のことを考慮し、フィルムを剥がしてリサイクルができる容器が採用されています。健康のため、地球のためにも、ヴィーガン料理を出して行きたいと言うお店の想いが垣間見えます。 一品料理からデザートまで、たくさんの料理を振舞って頂きました。最初に頂いたのは『長崎皿うどん』です。普通はチキンエキスやポークエキスが出汁に入っていますが、こちらはヴィーガン対応のため野菜のみでできた出汁。引けを取らずとても旨みが凝縮されています。具材もとても豊富で、ヴィーガンちくわも入っていますよ。栄養満点のランチにもってこいの一杯。さらに驚きなのが価格。一杯500円なんです!なかなか日本で食べるヴィーガン料理はお高いイメージがあるため、驚きです。学生さんにも嬉しいランチです。 一品料理もレベルが高いです。野菜の天ぷら、厚揚げと切干しの煮物、ヴィーガン唐揚げ、新鮮な食材が使われており、素材本来の美味しさを味わうことができます。他にも日替わりにゅうめんや即席にゅうめん、野菜にゅうめんと、メニューも豊富です。全体的に、九州の味付け、どのお料理にも甘みがあります。 食後には嬉しいプチマフィン、優しい味でお腹いっぱいでも何個でも食べられそうです。他にも長崎県産のいちごスムージーやいちご飴もふるまっていただきました。 松永社長が特に試行錯誤を重ね作り上げたという『豆花(トウファ)』。豆花を何店舗も食べ歩き、研究に研究を重ねたそうです。想いの込められた豆花、必ず食べるべし! たくさんの料理にとても賑わったランチ会でした! 四ツ谷の長崎料理店『隠れ岩松』のヴィーガンランチは4月1日から始まります。皆さんも是非召し上がってみてくださいね!夜は、ヴィーガンではないお料理もありますが、ランチで提供されている一部のヴィーガン料理も注文できます。また美味しい長崎のお酒も楽しめますよ。自宅で作れるヴィーガンのにゅう麺シリーズ(野菜だし、旨塩、和風カレー)等もお土産で購入できます! 店名:隠れ岩松 住所: 東京都新宿区四谷1-10-2 長崎県東京産業支援センター1F 最寄り駅:四ツ谷駅 電話番号: 03-5366-0536   食べログ: https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13025795/ 公式FB: https://www.facebook.com/kakureiwamatsuhonten/

,

お出汁もヴィーガン。この冬はにゅうめんであったまろう!

寒い日が続いています。そんな日は温かいスープや麺が恋しくなりますね。 そこで今回は、長崎県で伝統的な製法でそうめんを作り続けている株式会社みそ半の、隠れ岩松「塩にゅうめん」「野菜だしにゅうめん」を紹介します。 麺は自社栽培の小麦粉・熊本産の小麦粉・自社の塩「にっぽんの海塩」を使用し、昔ながらの製法で作られています。この2商品に関しては、ベジタリアンやヴィーガンの人も楽しめるように、スープは肉や魚介類の出汁に頼らず昆布や野菜の旨味を活かしています。 みそ半のにゅう麺 こだわりポイント1.すぐ美味しい!茹で時間100秒で食べられます。2.動物性原料不使用、安心だけどしっかりした味付け。3.NPO法人ベジプロジェクトによるヴィーガン認証取得商品 お湯を沸かす→麺を入れる→100秒待つ→スープを加える(→好きな具を乗せる) 工程はこれだけ。本当に早くてしかも簡単ですね。 まずは「塩にゅうめん」からいただきます。 こちらは昆布や椎茸といった和風だしの定番の素材に加えてにんにくやごま油を使用しているので、とても香ばしい和風スープという印象ででした。麺は喉ごしが良く、ツルツルとしたなめらかさはいつまでもすすっていたい程の心地よさでした。歯応えも程よいです。 次は「野菜だしにゅうめん」をいただきます。 こちらは玉ねぎやセロリ、にんにくを使用しており、味も香りも爽やかです。素材が洋風なので、ブラックペッパーやオリーブオイルをかけても美味しいですよ。 どちらも優しい中にしっかりした味わいがあり、満足できました。おかげ様で体はすっかりポカポカです。 これらの商品は「みそ半」のサイトにて購入する事ができます。 実店舗では日本橋の長崎館と浅草のヴィーガンストア等でも販売されています。 まだまだ続く寒い冬を、にゅうめんを食べつつ体をしっかり温めて乗り越えましょう! みそ半さん、素晴らしい商品をどうもありがとうございます! 株式会社みそ半HP: http://misohan.jp/ オンラインショップ: http://misohan.ocnk.net/

,

日本パフェ発祥のお店でこだわりのヴィーガンパフェがスタート!

  パフェ発祥のお店に、ヴィーガンもOKのパフェが始まったということで、行ってきました。 長崎!   ヴィーガンとは、肉、魚介、卵、乳、蜂蜜といった動物性のものを摂らないライフスタイルや、それらを含まないもの。 最近は、外国セレブたちのおかげでオシャレなヴィーガンイメージが広まったり、健康やエシカルな観点からも、ヴィーガンに注目が高まっていますよね!   さて、今はカフェやレストラン、さらに学食でさえ食べられるようになったパフェ。 日本独自のパフェが始まったお店、まさにパフェ発祥のお店が長崎にあるのです。 長崎市出島にあるパフェ&レストラン ハワイさん。 フレンドリーな店主山口哲弘さん@パフェ&レストランハワイの入り口にて。   看板にはNPO法人ベジプロジェクトジャパン認定のヴィーガン認証マークも。   世界中を旅することが好きだったという山口さんのお父様が、60 年前に創業したこのお店 で日本独自の「パフェ」を売り出しました。 それから、評判が評判を呼び、飲食店の方々もパフェを目当てにパフェ&レストランハワイを訪問するようになり、各地にパフェが広がっていったそう。 「ハワイ」という名前から、南国の雰囲気のお店をイメージしましたが、店内は昭和レトロな雰囲気。 創業当時は日本人が外国への強い憧れがあった時代で、外国の名前として「ハワイ」を付けられたそう。   創業時のパフェが映る写真が店内に飾られています。 パフェの価格が120円、時代ですね。 …