ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "気候変動"

気候変動

,

気候科学における畜産の影響度

昨今、気候変動は世界的な問題になっており、直近ではオーストラリアの森林火災が生態系や人の生活環境に深刻なダメージを与えています。これに関して科学者の間で、地球の平均気温が産業革命以降から換算して摂氏3°上昇した世界ではオーストラリア見られるような大規模火災は常態化すると言われています。 日本でも昨年は台風災害が頻発しました。これは気温上昇によって、今までなら赤道近くで発生して日本に到達するときには縮小していた台風が、本土に到達してもなお勢力を維持するようになったことが原因と推測されています。 こうした状況から、昨年のGreta Thunberg氏を中心とする若者から始まった気候変動マーチなど、市民レベルでも問題を解決しなければならないという動きが広がっています。 このように気候変動が世界的な問題となる中で、その原因の一つとして畜産業も槍玉に挙げられています。それに関する科学的議論を紹介する前に、まず温室効果ガスと気候変動の関係について紹介します。 温室効果ガスと気候変動 まずはじめに、気温上昇の原因は人間活動の技術的発展による温室効果ガス排出量の増加であることは近年の研究でほとんど自明のものとなっています。温室効果ガスは太陽からの熱エネルギーを透過する性質がありますが、同時に地球から反射する熱エネルギーである赤外線を吸収し、再び地球表面に戻してしまう性質があります。 本来ならそれが地球を保温する効果を持ち、生物が生存可能な環境を維持しますが、多くなりすぎると地球に過剰に熱を溜め込んでしまいます。現在では人間の産業活動における化石燃料利用が温室効果ガスの増大を引き起こしていると言われており、科学研究においてもそれは証明されています。 畜産の温室効果ガス排出 ただ温室効果ガス増加の原因は、化石燃料だけではありません。そこで化石燃料以外の温室効果ガス排出の原因になっているものの一つとして、家畜動物の生命活動および、それらを育てるための森林資源の消費や破壊があります。畜産業において主に飼料生産の過程で化石燃料利用が行われますが、化石燃料が関わらないところでも温室効果ガスを多く排出しています。 この点で畜産業における温室効果ガス排出は、化石燃料を他のエネルギー資源に変えることで解決するものではありません。そのため畜産産業は石油産業とは独立した温室効果ガス排出の原因の一つとして挙げることができます。 実際、畜産業はどれくらい温室効果ガスを排出しているのでしょうか。それに関してFAO(国連食糧農業機関)が調査しており、その報告によると畜産業に関連する温室効果ガス排出量は、あらゆる産業を合算した全温室効果ガス全体の14.5%に及ぶと推測されています(Gerber et al., 2013)。 この数字はライフサイクルアセスメントという、製品が生産段階から流通、消費者までに届く過程における環境負荷を定量的に評価する手法によって算出されています。14.5%という数字は現在世界的にゼロ炭素社会を目指す潮流において、無視できない影響度を持っていると考えられます。 こうした調査報告は、FAOだけではなくIPCC(気候変動に関する政府カンパネル)も妥当性評価をしたものを公開しています。また時代を遡るとFAO(国連食糧農業機関)が2006年に公開した「Livestock’s long shadow: environmental issues and options」という報告書は、欧米を中心にセンセーショナルに取り上げられ、ヴィーガニズム運動の拡大に大きな影響をもたらしました。 今後の記事では畜産と気候変動の関連で、現在の学術研究における様々な議論を紹介していきたいと思います。 …

,

高校生がSDGs文化祭でベジタリアンを紹介

 こんにちは。私は法政大学第二高等学校に通う高校生です。そして実は、昨年の7月まで1年間スウェーデンに留学していました。その時のクラスメイトの4分の1がベジタリアンで、そこでこのライフスタイルが自分の中で当たり前のものになりました。ですが、留学生活で一度「ベジタリアン」を強く意識した経験があります。 「日本に行きたいけど私が行けるか分からない」 何気なく、今度日本に来てよと言った言葉への友達の返事でした。実はその子はベジタリアンで、日本には自分が食べれる物があるか分からないと言うのです。私はその時初めて、「食」が日本に来るときの壁になっていることを知りました。その時の衝撃が今も、私が活動する原動力になっています。 前置きが長くなりましたが、今回は昨年11月に開催されたSDGs文化祭について紹介します。 SDGs文化祭は、SDGsに強い関心を持つ中学生・高校生が自らの意志で参加し、学校や学年を越えてグループを作り、アクションした結果の発表の場です。 SDGs(エスディージーズ)とは、2015年の国連サミットで採択された“2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標”です。 こう聞くとなんだか難しく聞こえますが、つまり、この世界を誰にとっても生きやすい素敵な世界にするために、国を超えて皆で協力していこう!という目標です。 このSDGsの注目すべきところは、当時国連に加盟していた193の国の全会一致で採択されたという点です。 話はSDGs文化祭に戻りますが、実はこのイベントが、私が「ベジタリアンのサポートをしたい!」と思ったきっかけなのです。 7月の最初のミーティングから全部で三回の集まりがあり、11月16日が最後の総まとめの発表の場でした。 当日は、企業の方や一般の方を含め、約100名の皆様にお越し頂きました。 朝からドキドキでマイクを持つ手が震えていたのもいい思い出です。(笑) 高校の友人たちも、試験勉強の合間を縫って来てくれました。 皆さんありがとうございます。 私は、「ちょっと優しい日本の未来~ライフスタイルの多様性~」というタイトルでポスター発表とワークショップを行いました。 ポスター発表では、「日本にはベジタリアンやヴィーガンに対して壁がある。」をテーマとして取り上げ、その問題点やそれに対して自分が取り組んできたことを中心に発表しました。 「ベジタリアン」 今の日本には、この言葉に一歩距離をおいてしまう人がいるのも事実です。 私は参加者の方々が自分ごとにしやすいよう、“東京2020”や“だし文化”等、身近に感じやすいキーワードを出しながら話すことを心がけました。 またワークショップでは、ヴィーガン菓子の試食やヴィーガンマークが付いている商品を手に取ってもらい、実際の体験による発見を大切にしました。 「麩のように乳製品が入ってないように見える商品でも、原材料表記が読めない外国人の方等にとっては分からないんです。だからマークは大切なんですよ」。 山形屋さんの仙台麩を紹介すると、皆さんから「確かにー!」という声が上がりました。 ワークショップを行うのは初めてだったのですが、参加者の方のリアクションや意見を直に聞けたのが自分にとって良い刺激になりました。 ブースに来てくださった方々は、仕事でベジタリアンが多い国によく行く人やベジタリアンという名前だけ聞いたことがある人、本当に様々でした。 …