ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ヴィーガン選択肢"

ヴィーガン選択肢

,

ベジタリアン・ヴィーガンに朗報!松竹圓カフェが浅草にOPEN

最近、東京ではヴィーガンブームが始まったのでしょうか! 先月は渋谷PARCOや渋谷スクランブルスクエアではヴィーガンの飲食店が続々OPEN。そして今月営業開始された浅草のVEGAN STOREは日本で初めてのヴィーガンコンビニやファミレスとして注目を浴びています。 そして本日、浅草に「松竹園カフェ(ショウチクエンカフェ)」がオープンしました! とても可愛い内装、フレンドリーな定員さんに囲まれながら、メニューを選びました。美味しそうなヴィーガン料理がいっぱい! ミルクティーは牛乳ベースですが、+50円でオーツミルク、豆乳に変更可能。その他のメニューはほとんどがヴィーガン対応。心配な場合は定員さんに聞くと丁寧に教えてくれます。 洋風か和風、ヘルシー系かオイリー系、気分に合う色々なお料理を選べます。筆者は、まずバーガーセット、牛蒡とソイミートのうどん、ソイミートのベジカツ丼を注文しました。 ベジバーガーセットには、チアシードヨーグルトがデザートとしてセットでした。 甘すぎず、チアのプチプチ食感を楽しめる美味しい味でした。 食後に、ドリンクメニューをもう一回見ました。ドリンクメニューは本当に多様で、どの味にするかを決めるのは難しかったです! 私たちが決めたのは、ヴィーガンのクリームチーズミルクティー、あずき抹茶タピオカティー、そして興味が沸いたタロオーツミルクにしました。 ドリンクメニューは基本的には牛乳がっていますが、私たちはオーツミルクに変更しました。まだ東京ではオーツミルクは珍しいので、ここでそれを飲めることは良いチャンスでしょう! とても可愛い盛り付けでドリンクがでてきました。松竹園カフェはインスタ映えの場所ですね。 松竹園カフェでは、テイクアウト可能の物も多いです。ヴィーガン弁当、サンドイッチ、ホットドッグ、クッキーやパンなども売られていて、手軽なスナックや食事を買うことができます!店員さんも優しくて、また食べに行きたいとおもいました! ぜひみなさんも訪れてみてくださいね! 12月までは基本ドリンク料金350円ですよ~! 【店舗情報】 営業時間:ランチ|11:00~14:00(L.O. 13:30)ディナー|17:30~21:00(L.O. 20:30)定休日:無休住所:東京都台東区西浅草2-7-6最寄り駅:つくばエクスプレス『浅草』駅徒歩4分東京メトロ銀座線『田原町』駅徒歩6分tel: 03-5615-2292HP:https://www.shochiku-en.comfb:https://m.facebook.com/enenvegan/

,

アメリカのスタジアムで販売されるヴィーガン選択肢

スポーツスタジアムや会議の会場のような場所で、ヴィーガン料理の開発・販売を始める企画が発表されました。アメリカでの「ヒューマン・ソサエティー」(Humane Society) というアニマルライツの団体と「スペクトラ・フード・サービス・アンド・ホスピタリティ」(Spectra Food Services & Hospitality)という外食産業社が、2020年までにヴィーガン料理の販売を開始する予定です。 本日、その二つの組織はフロリダで、「プラントベースのワークショップ」が開催しています。今後の大きなイベントでの販売を目指して、20種類の料理がこのワークショップで開発すると発表されました。 このコラボレーションは、ヴィーガンの人々だけのためではなく、ますます増えている肉の量を減らしたいと考えるフレキシタラインと呼ばれる人々も対象にしています。 会議の会場やアメリカンフットボールスタジアムを含む250件以上の会場を管理するスペクトラが、SDGs(持続可能性な開発目標)を達成するために、プラントベースの料理を開始しました。そして「スポーツイベント、会議、コンサート、その他の特別な行事で、お客様のライフスタイルに合うよう多くのメニューオプションを提供することを約束します」とスペクトラの料理の副社長、スコット・スウィガーが宣言しました。 健康、地球と動物のために、より多くの人々がますます肉の代わりに植物性の選択肢を選んでいくとヒューマン・ソサエティーのジョザフイン・モッリスが発表しました。 私は、もちろん日本でも植物性の料理が主流になってほしいと考えています。ヴィーガンの人々は音楽のフェスや野球の試合などで、ポテトフライしか食べられないことにうんざりしているでしょう。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には訪日外国人数4000万人が予想され、たくさんのの食の要求に応じるためには、会場での選択肢を広げることは重要でしょう。