ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "プラントベース" (Page 2)

プラントベース

,

日本初「プラントベース・ミンチ」ついに発売、文久二年創業の染野屋から

2021年2月1日、豆腐直販の老舗株式会社染野屋より日本初となるプラントベースのミンチ肉「ソミートプラントベースミンチ」が発売開始されました。NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証も取得され、動物性原料は一切使用されていません。 完全植物性で再現されたこちらのミンチは、見た目も正に「生のひき肉」。 日本初の画期的な商品リリースに込めた想いを、株式会社染野屋の代表取締役社長八代目染野屋半次郎、小野篤人氏に伺いました。 環境にやさしい選択、SDGsへの取組みとして、お肉の消費を抑えることが最近少しずつ注目されてきましたが、小野社長は10年以上も前からこの点について訴えてきました。さらにお肉だけではなく動物性食品すべてを摂らないヴィーガンの生活をご自身も実践され、ヴィーガンと地球のことを伝える活動もされています。 2009年にお子様が誕生し、その子が生きる地球の将来を考え来たことがきっかけだったそうです。 気候変動、水の汚染、資源の枯渇、様々な地球環境問題が肉食に紐づきますが、小野社長自身が腑に落ちている環境問題とお肉の関係は「森林破壊」です。 森林が地球の呼吸機能をもっていることは感覚として分かりやすく、実際に森林があると気温も低いことは実感として理解ができること。またアマゾンの森は毎年20%小さくなっているその深刻さ。 この2点からお肉を控えようと伝えられています。 肉食のためには広大な森林が伐採され、家畜が育てられ、家畜の餌となる作物が作られています。 これまでも、株式会社染野屋では動物性原料を使わない「SoMeat(ソミート)」シリーズから、炙り焼や生姜焼き、唐揚げなどが発売されてきました。 これらの商品は、味付けがされている商品でそれだけで完成された商品です。袋を開けてすぐに使える便利で美味しい品揃えです。 一方で今回発売されたソミートプラントベースミンチは、ひき肉の代わり。ひき肉を調理するようにそれぞれのご家庭やお店で味付けを含めた調理をするような商品です。 本物のお肉と同じように日常で使いやすいミンチ状のプラントベース製品を開発されました。 ベジタリアンやヴィーガンの人たちにはもちろん、そうではない人たちにとっても美味しく召し上がって頂けるように、特に重視した点は食感だったそうです。 柔らかすぎるというプラントベースのお肉にありがちな食感を避け、ぼろっとした肉質感を残し、本物のお肉と全く同じ使用感を目指されました。 その甲斐があり、普段はお肉を調理される方からも好評。 また商品の新しさ、珍しさから民放のテレビ番組にも取り上げられ、使う人の幅が一気に広がりました。 これまでの商品は主にベジタリアンの人たちが購入されていたことに対し、今回のミンチは、様々な層の人たちからの注目を集めています。60~70歳代の移動販売を利用する皆さんも興味深々だそうです。 ソミートプラントベースミンチを使った特におすすめのお料理として、スパゲッティミートソース、ハンバーグを挙げて頂きました。 とはいえ、ミンチ肉と変わりなく使えて味わえる商品のため、ミンチ肉で美味しい料理は、ソミートプラントベースミンチを使っても美味しいとのこと。 たとえば、餃子も。 ソミートプラントベースミンチを使えば、お料理の幅が広がりますね。 パッケージに記載があるように「食べれば食べるほど地球にやさしいミンチ」は、動物のお肉ではなくプラント、つまり植物性のお肉だから。地球環境への負荷も小さく、動物にも体にも優しいミンチ肉はいかがでしょう。 最後に、小野社長から一言。 …

,

大宮マルイの「SDGsフェア2021」にて、ヴィーガン情報と商品を展示!

みんなで創るまぁるいしあわせを祝うマルイさんの「SDGsフェア」に、今年はNPO法人ベジプロジェクトジャパンも参加し、SDGsとヴィーガンを関連した企画で出展します。 SDGsに関連して地球と健康を守る目標のもと、企業や団体が大宮マルイに集まり、体験ブース、特別展示、商品販売、クイズラリーなどを行います。 大宮マルイさん主催、3/12-3/14の3日間開催されます。 当フェスではヴィーガンのブースが設置され、ブースはNPO法人ベジプロジェクトジャパンが担当します。 「身近にできる、地球にいいこと」として、「ヴィーガン」への注目が高まる中、ベジプロジェクトのブースでは、SDGsとヴィーガンの関連やヴィーガン認証マークを取得された商品が展示されます。また、ヴィーガン、ベジタリアン、プラントベースに関連する皆さんのメッセージやプレッジ(誓い)で出来た木の展示も予定されています。 大宮地域周辺の方をはじめ、多くの方に「ヴィーガン」の選択肢を知って頂き、実践していただける機会となるような企画です。 3/12-3/14 11:00-18:00のイベント開催中は、ぜひ大宮マルイ5階期間限定ショップスペースの、ベジプロジェクトのブースまで足をお運びください。 【イベント情報】「SDGsフェア2021」日時:3/12-3/14 11:00-18:00展開場所:大宮マルイ各フロア(1F~5F、7F)イベント詳細ページ:『SDGsフェア2021』開催のお知らせ|大宮マルイ|丸井百貨 (0101.co.jp)

,

【メーカー向け】ヴァリューズXベジプロ&カゴメ共催:植物性食品のトレンド分析ウェビナー

企業側からもヴィーガン食へ興味が高まる中、食品メーカーやマーケター向けのウェビナーがNPO法人べジプロジェクトジャパンと、株式会社ヴァリューズとの共催で開催されます。 ヘルシー志向のトレンド、環境保全への配慮など、様々な角度でヴィーガン食スタイルが注目を集めています。ベジタリアン・ヴィーガンだけでなく一般消費者層からも関心が高まり、大手食品メーカーや飲食店も商品開発に参入するなど、大きな盛り上がりを見せつつあります。この3月だけで様々なヴィーガン商品の発売が見られます。 今回のセミナーでは、株式会社ヴァリューズのリサーチャーがWEBログデータ・アンケート調査結果のご紹介をしながら、大豆ミート・オートミールなど話題の植物性食品の市場・商品動向を分析、トレンドの背景にある消費者心理を読み解きます。NPO法人ベジプロジェクトジャパンのパートでは、川野陽子代表理事のよりベジタリアン、ヴィーガンに関する基礎知識のご案内に加え、カゴメ株式会社 マーケティング本部 食品企画部 佐藤氏にご登壇いただきます。認証対応済メーカーの具体的な事例を交えて、企業におけるベジタリアン、ヴィーガン向け食品の重要ポイントを解説いたします。 このセミナーに参加するだけで、メーカー事例、データ分析の2つの視点から“植物性食品トレンドの今”を把握して頂くことができます。 是非ご参加ください。 ▼詳細・お申し込みはこちらhttps://www.valuesccg.com/seminar/20210225-2654/ ▼このような方におすすめです・食品メーカーや飲食店の商品・サービス開発担当者・最新の食トレンドに詳しくなりたいマーケターの方 【開催日時】2021年3月9日(火)14:00~15:30 【定員】100名 【受講料】無料 【視聴方法】Zoomウェビナーを利用いたします。詳細はお申し込み後、開催当日12時と開始1時間前にご連絡いたします。※貴社の情報セキュリティポリシー等により上記ツールをご利用できない場合、別途、個別にご案内させていただきますので(seminar@valuesccg.com)までお気軽にお問い合わせください。 【注意事項】※定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。※登壇者は、断りなく急遽変更になる場合がございます。 【講師紹介(順不同敬称略)】株式会社ヴァリューズ ソリューション局 リサーチャー 海野 秋生(うんの あきみ)大学卒業後、PR会社に入社。その後戦略PR会社、調査会社を経て2020年より現職。アンケート調査を活かしたPR調査のほか、消費財のリブランディングにあたるグループインタビューやコンセプト受容性調査、広告効果検証調査など定量・定性調査の実績多数。最近では、アンケート調査に加えWEB行動ログデータを活用した消費者分析を行っている。 カゴメ株式会社 マーケティング本部 食品企画部 …

,

【新発売】ヴィーガン認証のSOY食健美シリーズ。一度食べるとやめられない体が喜ぶ大豆スナック。

関西菓子卸売業界トップの株式会社MDホールディングスさんから初となるヴィーガン認証取得のスナック菓子が新発売されます。 豆菓子【SOY食健美シリーズ】は、2021年3月1日より全国で発売です。 小腹が空いたときにはお菓子を食べたくなるものですが、少しでも栄養価が高く、体に優しいお菓子を選びたいものではないでしょうか。 SOY食健美シリーズは、食べ始めるとやめられないほど美味しく、さらに健康的な食生活のお供にもおすすめ。一口サイズの大豆スナックです。 SOY食健美シリーズは、「大豆習慣」をテーマにした3種類の大豆スナックです。 大豆ミートなどでも最近注目が高まる原材料の大豆は、良質なたんぱく源であり、必須アミノ酸やミネラル、食物繊維もバランスよく含みます。大豆を主成分としたスナックSOY食健美は、栄養価も高く食べ応えもあります。 またSOY食健美の商品の魅力は大豆だけではありません。下記のような商品の特徴もあります。 ・動物性原材料不使用 ヴィーガンの方も安心して食べられるスナック ・トランス脂肪酸を含まない ・グルテンフリー パッケージにはヴィーガンマークが表示されているため、ベジタリアンやヴィーガンの方も一目で安心してお手に取って頂けます。 豆菓子で国内初のNPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得されています。地球環境や健康にやさしい選択肢を望むお客様の声の広がりを受け、MDホールディングスさんは、様々なライフスタイルの考え方が世界的に広がる中、一つの選択肢として「安心安全をわかりやすく訴求した商品をお届けしたい」という思いから、当法人のヴィーガン認証マークの取得を目指されました。 大袋入りでたくさん入っています。 保存用にチャックがついているため、持ち運びにもとても便利! ここからは、商品の気になるお味を一足先にレポートします。 ・SOY食健美 竹炭豆 82g 袋を開けた瞬間、ほんのり大豆の香ばしい香りがします。 真っ黒でインパクトのある見た目。 外側カリッ、中側サクッとしていて、2種類の食感が楽しめます。大豆にまぶした寒梅粉が醤油で味付けされているため、甘さとしょっぱさがあり、後から少しだけ唐辛子の辛さが残り絶妙な後味です。やみつきになってしまいます、、、おつまみにピッタリ! ・SOY食健美 甘醤油豆 88g 外側はざらめのようなものがコーティングされています。 実際に食べてみると、まず甘醤油の甘じょっぱさや大豆本来の甘さが感じられ、後からわずかに赤唐辛子の辛さがきます。これまたあとを引くおいしさです。 ・SOY食健美 抹茶豆 88g ほのかに抹茶の上品な苦みがあり、甘さと相まった絶妙なバランス。 …

,

【開催決定!東京都事業】カゴメ㈱とベジプロジェクトによるヴィーガン対応ワークショップ

東京都「令和2年度 東京都ムスリム等外国人旅行者受入事業」の一環で、ベジタリアン・ヴィーガン・プラントベースに関するワークショップが開催されます。 日程:2021年3月4日 14:00-15:30場所:オンライン内容:座談会のような形式。1.NPO法人ベジプロジェクトジャパンの川野陽子代表によるベジタリアン・ヴィーガン対応、コロナ禍での取組み事例の紹介 2.カゴメ株式会社よるベジタリアン・ヴィーガンのレシピ紹介 3.ベジタリアン、ヴィーガンの方との交流、意見交換 対象:都内の宿泊施設、飲食店、小売店、観光関連事業者定員:15名 都の事業のため都内の事業者の方に限られますが、ぜひベジタリアン、ヴィーガン、プラントベースにご関心のある方はご応募を。 応募は以下のフォームをご記入いただき送信ください:https://forms.gle/j6cVJyZckovbTooJ6 【お問い合わせ】東京都ムスリム等外国人旅行者受入セミナー・アドバイザー派遣事務局(株)ファースト Global Business Promotion部Tel. 03-3545-9811 /e-mail: first-gbp@the-first.co.jp

,

手作りの自然なおいしさを手軽に!湘南トマトのヴィーガンカレ―&ハヤシ

丁寧な製法を80年間も守りながら、化学調味料不使用・安全で栄養満点の食材を厳選した商品作りを展開する、株式会社エム・トゥ・エムさん。 以前ご紹介した4種類のヴィーガンカレーシリーズ に引き続き、今回はエム・トゥ・エムさんが販売されている同じくヴィーガン対応の湘南トマトシリーズをご紹介します! *前回の記事:『レトロ感がおしゃれな人気カレールーシリーズからヴィーガン商品4種発売中!』 湘南トマトシリーズは、ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得され、色鮮やかなパッケージには、ヴィーガンマークが付けられています。  動物性原料および化学調味料不使用で、国産小麦を100%使用したトマトシリーズに秘められる特徴を見てみましょう! 湘南トマトカレー  加工されてケチャップとして使われているのは、神奈川県湘南にある井出トマト農園の樹上甘熟した桃太郎トマト。桃太郎トマトは、清涼な丹沢山系の伏流水と湘南のめぐみで育てられているため、トマトカレーの美味しさをより一層引き立てています。 湘南トマトハヤシ こちらもケチャップとして加工された井出トマト農園の樹上甘熟の桃太郎トマトが使用され、甘みと旨味がたっぷりの濃厚なトマトハヤシとして仕上げられています。 つづいて、こちらの素敵な2種を使ったアレンジレシピをご紹介します! 湘南トマトカレーハンバーグ <材料(1~2人分)> ハンバーグ生地 ・玉ねぎ:¼・雑穀ごはん:大さじ4・絹ごし豆腐(水切りしたもの):75g・片栗粉:小さじ1・湘南トマトカレールー:大さじ1 トッピング 豆腐クリーム ・絹ごし豆腐:75g・塩:一つまみ・オリーブオイル:大さじ1 その他 ・オリーブオイル:適量・トマト:大1/2・黒胡椒:お好みで・パセリ:お好みで <作り方(15分以内)> 1.まず生地を作ります。玉ねぎをみじん切りにし、ボウルに入れて他のすべての材料と一緒に混ぜ合わせます。 2.1の全体をひとまとめにして、2等分にします。ここでまとまりが悪い場合は、片栗粉を追加して調整してください。 3.フライパンにオリーブオイルを塗り、2の生地を並べて焼きます。 4.片面が焼けたら裏返し、裏面も焼きます。 …

,

レトロ感がおしゃれな人気カレールーシリーズからヴィーガン商品4種発売中!

可愛らしいキャラクターとレトロなパッケージデザイン、そして何よりも素材の安心感と美味しさが人気のM to M(株式会社エム・トゥ・エム)のシリーズ。 そのラインナップの中から、動物性原材料不使用、ヴィーガン認証取得の4種類のヴィーガンカレールーが発売中です! 「正直で誠実でありたい」という信念のもと、株式会社エム・トゥ・エムさんは、安全で栄養価の高い原料を厳選し、化学調味料不使用の、手間を惜しまない丁寧な製法を80年間も守っている企業です。 こちらの4商品は、すべてNPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得され、ヴィーガンマークも新しいパッケージから印字されています。 動物性の原材料が含まれていないことから想像されやすい質素さはなく、どのカレールーもコクをしっかりと感じることのできるクオリティの高い商品です。 Be美カレールー 「体の中から美しく」をコンセプトに作られたカレールー。米油を使用し、直火釜で炒められた香味野菜と国産小麦粉に、さらにフルーツ・スパイスを加えて作り上げられています。 できあがりは、写真の通りかなりとろっと仕上がりました。 輝美カレールー 中辛 小麦粉の代わりにホワイトソルガム(きび粉)が使用されたグルテンフリーのカレールー。ホワイトソルガムは、イネ科の植物でマグネシウム、亜鉛、鉄、ビタミンB群を含みます。グルテンを避けたい方も安心して食べることができ、上記のような食生活で不足しがちな栄養を摂ることができる点も魅力的です。 輝美カレールー 甘口 こちらもまたグルテンフリーのカレールーですが、小麦粉の代わりにキビ粉が使われています。優しい甘さはプルーンによって表現されています。 薬膳カレールー 薬膳食材の、黒きくらげ・金針菜・ネムノキの花が使われ、スパイスの量を更に増したカレールー。「食事で免疫力を高めよう」をコンセプトに、スパイシーでサラッとしているのが特徴です。鎌倉薬膳アカデミーの監修も受けたこだわりのカレールーです。 つづいて、輝美カレールー甘口を使ったアレンジレシピをご紹介します! 輝美カレーのもちもちおかずパンケーキ <材料(1人分)> パンケーキ生地・米粉:大さじ5・重曹:小さじ½・輝美カレールー:大さじ1・豆乳:60ml・オリーブオイル:小さじ1 トッピング 豆腐クリーム・絹ごし豆腐:50g・塩:一つまみ・オリーブオイル:小さじ½・黒胡椒:お好みで・パセリ:お好みで <作り方(5分以内)> 1.まず生地を作ります。オリーブオイル以外のすべての材料をボウルに入れてだまにならないようによく混ぜます。 2.フライパンにオリーブオイルを塗り、1の生地おおよそ大さじ3をフライパンに流し入れて形を丸く整え、焼きます。 …

,

【求人情報】植物肉開発のFoodTechベンチャー「グリーンカルチャー」社員募集開始!!

植物肉開発で脚光を浴びるフードテック(FoodTech)ベンチャー「グリーンカルチャー社」にて求人開始の連絡がありましたのでこちらにシェア致します。 世界的に高まる畜産需要。 畜産により環境汚染や病気、感染症などが社会問題になりつつあります。こうした社会問題への取り組みは、一部の環境活動家だけのアクションではなく、テクノロジー(Technology)をもってしてより根本的な解決が求められています。 そうした社会問題の解決に立ち向かうFoodTech)ベンチャーがここ、日本にあります。 「健康と地球とずっと。」をコーポレートメッセージに掲げるグリーンカルチャー社です。グリーンカルチャー社はスタートアップ企業ではなく、2010年創業の今年10期を迎えるベンチャー企業。 そう、ベジタリアンやヴィーガンの方なら知っているかもしれませんが「Green’s Vegetarian」という国内最大級の植物性食品通販サイトを運営し累計30万件以上の出荷を行っている会社だとか。 そうしたことからFoodTechベンチャーより通販企業として認識されている方が多いかもしれません。しかしグリーンカルチャー社は食品業界ではFoodTechベンチャーとして認識されています。 科学技術を用いた製品製品開発手法を用いて、植物肉を製造していることから、植物肉ベンチャーとしての認知度が急激に高まっています。 それを実証するかのように、同社が1,100名への大規模試食を行ったところ実に95%の人が同社製品を美味しいと評価したそうです。どんな製品なのかとっても気になりますね。 今注目されているベンチャーですが、チーム全体で15名程度なんですって。そうした意味では少数精鋭のまさにベンチャー企業だと思います。 FoodTechベンチャーが求人を行うのも稀(まれ)なので、我こそは!と思う方は応募されてみてはいかがでしょうか。詳細は以下URLより。

,

一風堂からプラントベースのとんこつラーメン期間限定販売中

2月1日、博多発祥のとんこつラーメン店「一風堂」さん(以下、一風堂)より、『プラントベース赤丸』(とんこつラーメン)が全国45店舗で、期間限定販売が開始されました。 植物性由来の未来志向のラーメン 一風堂がリリースした『プラントベース赤丸』は、スープ、麺、具材のすべてが動物性原料不使用です。一風堂の定番とんこつラーメン「赤丸新味」の魅力を、植物由来プラントベースに代えてそのまま閉じ込めた、そんな一品です。 動物性原料が使われていないため、ベジタリアンやヴィーガンの方からも、このとんこつラーメンの発売を喜ぶ声が既に届いています。 植物性由来の未来志向のラーメン 料理が運ばれてきた途端、とんこつの香りにふわっと包まれ、動物性原料不使用とは思えないほど、とんこつの味をしっかりと感じる、コクの深い味わいでした。 とんこつスープは、植物性油脂と大豆タンパクの研究開発を60年以上続けている不二製油株式会社と共に開発されました。一風堂のこだわりの味をプラントベースでどのように再現するか、が最大の難点だったそうです。これまで一風堂では、しょうゆ味のプラントベースラーメンは販売したことがありましたが、とんこつ骨味のラーメンは初の試みであり、完成には3年ほどの月日がかかりました。 出来上がったスープは、新技術を用いたコク深豆乳と昆布だし、ポルチーニ茸を使用することで、とんこつの濃厚さを実現しています。 食物繊維豊富の麺 『プラントベース赤丸』の麺はもちろん、卵も不使用です。全粒粉麺を使用しているため、食物繊維、ビタミン、ミネラル類が多く、独自に食物繊維を麺に配合しているため栄養価が高いです。全粒粉と聞くと、パサパサしたイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、『プラントベース赤丸』の麺はもちもちしていて、その食感も楽しめるはず。実はこの麺、普通の麺と同じ値段(税別100円)で、替え玉も楽しむことができます。 トッピング ラーメン中央のチャーシュー風のトッピングは、インゲン豆ペースト・小麦タンパクなどから作られています。チャーシューの脂身が、ココナッツオイルなど様々な食材を組み合わせることで再現されています。大豆ミートとはまた少し違った、新しい植物性チャーシューです。 今回『プラントベース赤丸』のチャーシューを開発した担当者は、より高い完成度を目指されているそうです。将来、また別のプラントベースのチャーシューを食べられる日が来るかもしれません! おいしさだけじゃない『プラントベース赤丸』の魅力 『プラントベース赤丸』の魅力はおいしさだけにはとどまりません。『プラントベース赤丸』は、摂取カロリーに関しても普通の赤丸に比べて100kcalほど少ないそうです。 さらに、健康面や栄養面に良いのはもちろんのこと、動物性原料を使わないことで、畜産による温室効果ガスの発生抑制や地球資源の保護にもつながっています。そのため、『プラントベース赤丸』は身体・環境・食の多様性に配慮した「未来志向」のラーメンです。 一風堂がプラントベースを手掛ける理由 一風堂は2008年から約12年に渡り、海外展開をしています。世界には、健康面、環境保全、動物愛護という立場、さらに宗教、アレルギーによる制限など、様々な理由でとんこつラーメンを食べない選択をされる方がいます。そんな方にも「日本が誇る国民食ラーメンの美味しさと文化を届けたい。」という思いから、プラントベースラーメンの開発が始まりました。とんこつラーメンの美味しさを味わったことがない方にも楽しんでいただきたい、という思いのもと、一風堂では今回の『プラントベース赤丸』を提供しています。 一風堂を手がける力の源グループ 一風堂の運営会社である力の源グループでは、食を通して世界中に「笑顔」と「ありがとう」を提供しています。 これからもこの「笑顔」と「ありがとう」を届けていくために、持続可能な社会の実現に向けお取組みをされています。一風堂の『プラントベース赤丸』の販売もその一つです。 『プラントベース赤丸』は無くなり次第終了の期間限定メニューです。反響が大変大きいため、すぐに売り切れてしまうかもしれません。販売が終了してしまう前に、ぜひ店舗に足を運び、『プラントベース赤丸』の美味しさを味わってみてはいかがでしょうか。 ≪博多 一風堂≫ 運営会社 株式会社 …

,

海外で話題沸騰、沖縄のヴィーガン食ブルー・ゾーン・ダイエット

沖縄は人気なバケーションスポットですが、最近は「ブルー・ゾーン・ダイエット」という沖縄の健康的な食生活が海外で話題です。 2019年に流行り始め、「ブルー・ゾーン・クックブック」がベストセラーとなり、ユーチューブビデオ:「ブルー・ゾーン・ダイエットを試してみた」も95万回以上視聴されています。 この「ブルー・ゾーン・ダイエット」とは、寿命が一番長い世界各地の食生活の研究を元にしていて、その5つの「ブルー・ゾーン」地域の中に沖縄が含まれています。 このグラフを見ると沖縄の伝統的な食生活はほぼヴィーガン(つまり、動物性原料を使わない食生活)で、97%のカロリーが植物由来です。その中でも67%はサツマイモで、これが長寿の秘訣の一つだそうです。サツマイモは繊維質、タンパク質、ビタミンA、C、E、カリウム、カルシウム、鉄分が豊富で、イモ類の中でもグルテンが特に低いそう。炎症をおさえる効果もあります。(1) サツマイモのようなスーパーフードが食生活の大部分をしめていれば、長生きもできそうですよね。(2) また沖縄は豚肉が有名かもしれませんが、豚はもとより特別な時のみ食べられる食材だったそう。総じて寿命が長い日本では、魚は健康的な食べ物というイメージが強いですが、沖縄は日本の他の地域と異なり、魚の消費量は少ないです。さらに日本の他の地域と違う点は、ご飯が少なめである点と、アジア大陸からの影響をより多く受けたことでターメリック、フーチバー、ヒハツ、ウイキュウなどの香辛料もよく使われる点です。(1) しかし実は今の沖縄は都道府県の中で特に寿命が長いわけではありません。沖縄の男性の平均寿命は全国第36位までランクダウンしています。 この変化の大きな原因の一つは沖縄の西洋化です。駐日米軍基地の7割以上が沖縄にあり、西洋ファストフード店が至る所にあります。そして第二次世界大戦後の沖縄の食生活は下のグラフのが示すように西洋化されました: サツマイモの消費量が急激に減った一方、パンの消費量が増え、脂肪の消費量が4倍以上に上がりました。コレステロールも塩分も上がりました (1)。このような食生活の変化で沖縄の若者は、沖縄の高齢者に比べて肥満や慢性疾患になる確率が高いのです。 実は今日本で一番平均寿命が長い都道府県は長野県であり、全国で一番野菜の消費が高い都道府県だそうです。(the japantimes の記事参照) 食物帝国主義の記事でも話しましたが、帝国主義は様々な形で存在します。文化の影響や変化、食生活の西洋化も帝国主義の一部と言えるのかもしれません。 以上の点を踏まえ、この機会に昔からある伝統的な食生活に寄り添いながら健康を考えてみてはいかがでしょうか。健康の秘訣は日本で代々食べられてきた野菜や伝統的な食事にあるのかもしれません。 出典:(1)The Okinawan Diet: Health Implications of a Low-Calorie, Nutrient-Dense, …