ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "コスメ"

コスメ

,

日本で見つけられるコスメは全てヴィーガン?

ヴィーガンの方々の中には、日常生活の中で注意しなくてはならない点もいくつかあります。 例えばお化粧品を購入するときも、買ったコスメがクルエルティフリー(英語: cruelty-free)かどうか気になりますよね。 ヴィーガンコスメというのは、製造される段階で動物実験がなく、動物成分が入っていないコスメを指します。ちゃんとした規制のない工場や研究所で、コストと効率性のために動物実験が行われることがあります。その過程で、動物が命を奪われてしまう可能性があります。毎日使用するお化粧品だからこそ、100%ヴィーガンのものを使いたいですよね! 以下の大手ブランドはヴィーガンかどうか確認していきましょう! SHISEIDO 2013年以降、動物実験廃止の話し合いがあったにも関わらず、資生堂化粧品はヴィーガンではありません。動物実験が必要ではない場合はテストも行いませんが、商品の安全を確保すルために、国際法で強行されるときに動物実験が行われる時があります。さらに、SHISEIDO化粧品には動物成分が入っている商品も多くあるので、ヴィーガンとは遠い状態になっています。 KAO 花王グループの化粧品は資生堂のヴィーガンレベルと同等程度です。動物実験に対して様々な対策が施されていますが、やむを得ず実験をする場合もあります。 LUSH LUSHというコスメブランドは表立って動物実験に反対している会社です。ですが、化粧品自体は完全にヴィーガンとまではいかなく、8割程がヴィーガンのようです。LUSHは化粧品にラベルが付いているので、購入する際に成分を確認すれば安心ですね。 韓国コスメ 残念ながらInnisfreeやEtude Houseは残念ながらヴィーガンではありません。ですが、Stylenanda と3CEの化粧品は100%クルエルティフリーです。 ですが、そう公表してても全てのお化粧品には動物成分が含まれていないとは限りませんので、こちらでもやはり成分リストをチェックする必要があります。一般的には、コスメブランドは中国に実店舗がなければ、動物実験が行われていない可能性が高いです。(中国では、美容製品は販売前に動物実験を介すことが義務付けられています。)中国で販売許可がおりている商品だとヴィーガンでない可能性がグッと高まってきます。 iHerb iHerbというコスメ販売のオンラインショップでは、ヴィーガンコスメが簡単に見つけられます!オンラインショッピングで手軽に購入したいという方は是非覗いてみてくださいね。

,

スタイリッシュなあのLUSHのヴィーガン事情

「LUSH(ラッシュ)」は、石鹸を始め、入浴剤、シャンプー、基礎化粧品、フレグランスなどを生産し販売するイギリス発のコスメのお店です。 スタイリッシュなデザインの商品や、ディスプレイ、量り売りや切り売り等の販売の仕方も人気を集めています。 Photo: Lush Japan Facebook そんなLushの店頭では、Veganと書かれたPOPを見かけることがあると思います。 Vegan(ヴィーガン)とは? 肉魚を食べないと定義されるこのの多いベジタリアンの中でも、ヴィーガンは、卵や乳製品等、動物性のものを食べず、動物性の素材を用いた靴・衣服も身につけない方のことを言います。 ベジタリアンにもヴィーガンにも、個人差と程度差がありますが、世界中にあるラッシュのショップで働くスタッフは、その2~3割がヴィーガン又はベジタリアンで、その割合は一般企業の10倍以上だそうです。 Photo:Lush Japan Facebook ラッシュの商品でラベルに【Veganマーク】がついている商品には動物性のものは一切入っていません。 動物性油が使われていないソープや、はちみつ、牛乳、卵、ラノリン(化粧品に使われる羊毛から抽出された脂肪分)などが使われていないコスメは、一般的に意外と少ないのです。 ラッシュ商品で【Veganマーク】がついている商品は全体の約7割。 その他の商品もハチミツや卵は使用していますが、ヴィーガン商品と同様に遺伝子組み換えや動物実験を行っていない原材料を選んでいます。 Photo: Lush Japan Facebook また、環境への配慮を促す発信をしたり、犬猫が殺処分されている現状の啓発キャンペーンをしたり、同性愛を応援する商品を販売したり、動物実験反対をうったえたりと、社会的な活動もしている企業です。 Photo: Lush Japan …

,

ベジタリアンなコスメ

最近耳にすることも多くなってきた、ベジタリアンやヴィーガンという言葉。 ベジタリアンだと、肉魚を食べない人、ヴィーガンだとさらに卵や乳製品等を含む全ての動物性の食材を摂らない身に着けない人を言います。 今、化粧品の世界でも、動物系から植物系への代替原料があるのです! 「非常に近い効果を生み出す」という研究が進み、植物系の利点も加わった良い成分が開発されてきているそうです。 コスメ成分アドバイザー 尾崎幸子 の「誰でもわかる簡単コスメ情報」 から、ご紹介します。   コスメにおいて、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、スクワラン、プラセンタ、はよく知られている成分だと思います。 これらはすべて元は動物由来です。 ・ヒアルロン酸→鶏のトサカ ・セラミド→哺乳類の脳や酵母発酵 ・コラーゲン→哺乳類、魚類、鳥類などの様々な部分から ・スクワラン→サメ類の肝油 ・プラセンタ→牛、豚、羊などの胎盤 しかし最近は、植物系の原料で代替される成分も出てきました。   効果に関しては、作り方の処方により変わるため、単体の原料だけでは、判断しきれない部分もあります。 そして、化粧品は薬ではありませんので、「気分よく」使えることが大事。 植物系を選びたいと思う場合、植物系由来の成分を使う方が気持ちが上がり、結果良い肌になることもあります。 以下は、類似している代替成分のご紹介です。     …