ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

サンジルシ「野菜だしつゆ」はこれ一本で味が決まる優れもの!動物性不使用のヴィーガンだし

1.15K 0

ヴィーガン対応のだしつゆがあるという情報が入り、早速使ってみた感想とレシピをご紹介をします!

普通、「だし」や「つゆ」というとカツオ等の魚介類が使われています。肉類、魚介類を摂らないベジタリアンや、それらに加え卵や乳など動物性食材全て摂らないヴィーガンたちは、一般的なだしつゆで味付けされたお料理は食べることができません。

特に和食には欠かせない「だし」が動物性食材不使用だと、実はベジタリアンやヴィーガンたちも楽しめるお料理の幅が、ぐんと大きくなるのです。

今回ご紹介するのは、

サンジルシ醸造株式会社さんの野菜だしつゆ

です。

だしつゆは汎用性が高いので、早くも我が家のスタメンになりそうな予感。。

使ってみて分かったこと!

他のだしつゆとは一味違う。

このサンジルシさんのだしつゆは、これ一本で料理の味が決まる!という発見がありました。今まで使っていただしつゆだと、それだけでは味が物足りないと思うことがあったのですが、このサンジルシさんの野菜だしつゆさえあれば、お料理がとっても美味しい仕上がりになりました。

この点だけでもたくさんの方にオススメしたい商品なのですが、このだしつゆはヴィーガン対応であることも特徴です。

NPO法人べジプロジェクトジャパンヴィーガン認証も取得され、ヴィーガンマークが商品にも入っています。

さらに、グルテンフリーかつ化学調味料無添加であるため、動物だけでなく人の体にもやさしい商品です。

このだしつゆ一本でさっと味付けができ簡単に料理を完成させることができるため、時短料理にも活躍。忙しい時にはそういった点でも重宝します。

また、人の健康にも配慮されているため、食や健康を気にされている方、原材料にこだわりをもつ方にもおすすめです。

今回、炊き込みごはん煮物、色々なお料理に使ってみました。

どちらも食べてみると、優しいだしの香りと味が口いっぱいに広がります。

【だしつゆ使用!炊き込みご飯】

材料(米1合分)

米一合

ベース:・サンジルシ野菜だしつゆ(50㎖)
  ・昆布(5センチ)
    ・しょうゆ(大さじ1)
    ・水(150㎖)

具材:お好み
例 →   ・きのこ(80g)
    ・油揚げ(½枚)
    ・にんじん(小サイズ½本)

トッピング:お好み
例→  ・いりごま(少々)
    ・ネギ(少々)

作り方

1.お米を研ぎ、ベースと具材を全て鍋に入れる。

2.蓋をして12~15分炊く。(始め中火で炊くが、蓋から泡がこぼれるようになったら弱火で炊く。)

3.水分が無くなったことを確認して火を止める。その後10分ほど蒸らす。

4.トッピングをして完成!

【野菜だしの煮物】

材料

    ・厚揚げ(2枚)
    ・シイタケ(5枚)
    ・生こんにゃく(1枚)
    ・かぶ(2個)
    ・サンジルシ野菜だしつゆ(大さじ3)
    ・水(300㎖)

作り方

1.材料を全て入れて蓋をして煮る。(15~20分)

2.完成!

どちらのお料理も簡単なので、ぜひお試しください!

だしの味がしっかりしているので、一本で味つけがしっかりできることを実感頂けるはず。

調理する際の分量に関しては、商品ボトルの脇にある、使用方法の表を参考にしました。

時短、簡単、おいしいが実現できる、サンジルシさんのだしつゆを皆さんもぜひお試しください。

量の異なる家庭用と業務用の2種類が発売中です。

業務用の野菜だしつゆ

明日のおかずの簡単な味付けなどにいかがでしょう?

サンジルシさんの商品を紹介したホームページにはこの野菜だしつゆを使ったレシピも紹介されています。ぜひご家庭でお料理する際の参考にしてみてくださいね。

⇒ 野菜だしつゆを使用したレシピ紹介はこちら

家庭用サイズ(300ml)は、現在Amazonでも購入が可能です。

⇒ 2本セット https://www.amazon.co.jp/dp/B08DFH2LWJ?ref=myi_title_dp

⇒ 12本セット https://www.amazon.co.jp/dp/B07X4C5VQM?ref=myi_title_dp

また、電話で直接注文することで、1本(税込378円)、送料税込330円にて購入できます。
電話番号: 0120939111

実は私自身がこの商品を気に入り、我が家では早速だしつゆのストックを購入しました!この商品に巡り合えてよかったです。

【サンジルシ醸造株式会社】

公式HP : https://www.san-j.co.jp/public/itemlist/4
Facebook:https://www.facebook.com/pg/sanchan.sanjirushi/posts/?ref=page_internal