ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

コロナ渦の外出自粛がヴィーガン料理について教えてくれたこと

245 0

原題:What quarantine taught me about cooking vegan

偶然にもこのコロナ渦は、私にとってヴィーガンになるための理想の機会でした。

私は、これまで何度かベジタリアンからヴィーガンになろうと思っていましたが、それには不安な要素がいくかありました。ヴィーガンじゃない人との外食はどうするのか?ヴィーガン料理を作る時間は自分にあるのだろうか?といったことです。

しかし、コロナウイルスの影響により在宅が増えることで、時間に余裕ができ、料理や買い物に行く時間を割くことができるようになりました。

「今がヴィーガンになるチャンス!」

そう思いました。

今回ヴィーガンになってみて、正直私はヴィーガンになるのにそこまで苦労はしませんでした。というのも、私は好きな食べ物に豆腐やピーナツバターがあり、これらは栄養価も高くタンパク質も豊富なヴィーガンフードであったからです。これまでの私のほとんどの夕食は、豆腐かステアフライ(日本でいう、炊き込みご飯のようなもの)というバリエーションでした。しかし、自宅で手料理を作りはじめると、自分の豆腐料理にバリエーションがもっとほしいと思うようになりました。

外出自粛によって始めた私のヴィーガン料理は、ベジタリアンだった時よりもクリエイティブなものになったのです。

私は昨年、レシピを見ながらGeneral Tso’s Chicken (揚げた鶏肉に甘いたれをつけたもの)を豆腐で作ろうとして大失敗した経験があり、レシピを見て料理をすることを避けていました。

しかし、プラントベースフードのレシピはインターネットを参照することにしました。”My Goodness  Kitchen”というレシピサイトの”豆腐とんかつのカレー”を作ろうとしたとき、私はとんかつに必要なパン粉を持っていなかったことがありました。その時友人が、「パンをトーストしたものをパン粉にしたら?」と素晴らしいアイディアを教えてくれました。(思えば、パン粉はトーストを粉状にしたものなのですが。。。)

そしてこのパン粉と豆腐を使ってカツに似たものができました!

レシピ: “Japanese Tofu Curry”, My Goodness Kitchen

次に、外出自粛が始まり最初のうちに作ろうと思ったものを紹介します。

The Easy Vegan’s “World’s BEST vegan bacon”

”世界一の簡単ヴィーガンベーコン” というレシピでした。

このレシピの特徴は、豆腐を一度凍らせてから解凍させることで豆腐の食感を固くして、お肉に似せた点です。よくわからない液体スモークという材料など、レシピ通りの材料を全ては持っていなかったので、最終的にできたものはベーコンというより乾いた塩味の細切れ豆腐でした。

レシピ: “World’s BEST vegan bacon (made from tofu)”, The Easy Vegan

ヴィーガンレシピの参考に、私はよく世界クラスのウルトラランナーであり、プラントベースダイエットを推奨している、スコット・ジュレク氏の ”Eat and Run” というレシピページを読んでいます。

また、Physicians’ Committee for Responsible Medicine (PCRM) というWebサイトはとても魅力的で、普段は朝ごはんを食べなかった私が、今ではPCRMの「ヴィーガンフレンチトースト」というレシピで朝ごはんをよく作っています。

みなさんは豆腐と豆乳で美味しいフレンチトーストができるなんて想像できますか?PCRMのおかげでフレンチトーストだけではなく、さつまいもプディングも作ってみたり、私は毎朝フライパンの上で何かしらのものをひっくり返すのが楽しみになりました。

レシピ: “Vegan French Toast”, Physician’s Committee for Responsible Medicine (PCRM)

一週間ほど前には、とても美味しい麻婆豆腐を作りました。これは中国人の友人から「いいね!」とほめられた麻婆豆腐で、シイタケとマッシュルームを混ぜることで豚肉の食感を作り出しました。

レシピ: “Vegan Mapo Tofu”, The Woks of Life

最後に、私が家でヴィーガン料理シェフになった時の発見とアドバイスを紹介します。

1.豆腐を準備するのには何時間もかかる。(豆腐をマリネードする時間は、ヨガやZoomでオンライン授業を受けるのに最適!)

2.レシピに従うには揃えなくてはいけない具材がたくさんあるため、時には具材が無い中、いかにして作るかという創造性が求められる。

3.固い豆腐をトーストするとパニール(カッテージチーズをさらに固くしたもの)に似た食感になる。

4.高野豆腐をトーストすると低糖質のカリカリのパンのようになる。

5.オートミールパンケーキは最高に美味しい。(PCRMサイトをチェック!)

これだけヴィーガン料理を作って学ぶと、フードサイエンスを家で専攻している気分になりました。。。

私は今後、自分のキャリアをプラントベースとともにつくっていきたいと考えていて、今回このようにヴィーガン料理シェフとしての私のスキルを上げることが出来たことを嬉しく思っています。

まだまだこれから頑張ります!

原文:What quarantine taught me about cooking vegan(Avalon Akashi)
翻訳:千葉偲織